無料カウンター

現地到着2010年01月17日 23:19

JALで成田を出発です。
機長から
「経営状態が云々と報道されておりますが、安全の方は~」
とのアナウンス。かえって不安になるっつーの。

6時間ほどのフライトで現地に到着。昼間の移動なので寝る必要もなく、時差も+1時間。ただしナイトレースの時間帯に体を合わせる必要があります。

まずはホテルへ移動。シンガポールはMRTという電車が発達しているので、東京の地下鉄に比べたら楽勝です。切符は運賃+デポジットの1S$を払うとスイカみたいカードが出てきて、ゲートにタッチ。降りる駅のゲートを通過した後、券売機にカードを入れて1S$返金というシステム。移動の基本はMRTになるのでコインをよく使います。

空港から東西線に乗り、2つめのタナ・メラ駅で乗り換え(空港行きが支線なので)、シティーホール駅で南北線に乗り換えオーチャード駅で下車。ホテルはオーチャードロードという繁華街にあるロイヤルプラザ・オン・スコッツ。結構立派なホテルだった。値段の方もグランプリ価格もあり結構なもの。


ロビーではF1がお出迎え。2000個のパンで作ったとか。タイヤはイカ墨パン。結構作りこんでいてフロントはカスケードウィングで、センターウィング、リア翼端板は後ろが長くて、クラッシュブルストラクチャーまでも再現。


ホテルに荷物を置いて、まずは腹ごしらえ。MRTに直結のアイオン(ION、AEONではない)というショッピングセンターにはF1のオブジェ。クラッシュしたものも。


晩御飯はその隣のウィスマ・アトリア内フードパブリックというフードコートに行ってみた。シンガポールのショッピングモールには大概こんなフードコートがあり、ファーストフード、中華、インド、ラーメン、寿司、鉄板焼やペッパーランチまでもあります。


今回食べたのは上の写真、三巡海南鶏飯のチキンライス。シンガポール料理の代表です。チキンの出汁で炊いたご飯と一緒に蒸し鶏をチリソース、ダークソイソース、ジンジャーソースでいただくというもの。ダークソイソースは甘口の煮詰めた醤油のようなもので日本人の口にも合います。チリソースの方は辛いだけだった。チキンもやわらかく、値段も500円程度と安いのでお勧め。付け合せの野菜も癖がなくおいしかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tujono3bai.asablo.jp/blog/2010/01/17/4820128/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。