無料カウンター

MSイグルー 雷鳴に魂は還る2006年09月17日 10:30

ZIIIと同時に購入。今回が最終回。

今回の舞台はア・バオア・クー。トンデモメカはビグ・ラング、ビグロの下に建造中の他のモビルアーマーをくっつけたやつ。とにかくでかい。これに乗るのはオリバー・マイ。てっきり弟を失って自暴自棄となったモニクが乗るものだと思っていた。毎回必ずキャラが戦死するこのシリーズ。今回はマイ?「弟に会ったら、よろしく。」って。

ヨーツンヘイムの任務はEフィールドの防衛。最終戦だけあって激しい戦闘。衛星ミサイルなんか久々に見た。降ろし方始めぇ〜の発艦シーンにこだわりがみられるイグルー、今回はオッゴがばらまかれてます。中のパイロット、大変な事になってそう。オッゴもなかなかの戦果を上げる。援護に現れるビグ・ラング。ボールを鷲掴み。赤い機体にビビって撤退する連邦兵。

ビグ・ラングの下半身は補給基地となってます。最前線で補給・整備が可能というややこしいシステム。

ついにア・バオア・クー陥落。停戦信号を無視する連邦兵、このシリーズではとことん連邦兵は悪役。援護のカスペン大佐は格好良く現れたわりに、あえなく昇天。

終わり方はまあ、あんなものかと。結構楽しめた。しばらくは宇宙世紀もの新作はなさそう。

Zガンダム III2006年08月29日 00:08

DVD買いました。映画見に行ったけど。サブタイトルがこっぱずかしい。声優問題とか結末が変わった件とかいろいろ不満があるけど、その辺はTV版で補完するとして純粋に新作カットを楽しもう。なんだかんだ言ってもつられて買ってしまうのが性というか悲しい。ブライト艦長の鈴置さんの遺作となってしまったし、合掌。

映画では確認できなかった隠れキャラを堪能。 GMキャノンII、GMカスタム、ドラッツェ、ガザEを確認。カラーリング違うしこんなもの一回劇場で見ただけじゃわからん。ヘイズルはDVD化で追加されたようです。

ジャミトフの犬だったバスクが野望を抱いていた描写が新鮮。ただヤザンにはあくまでもパイロットのままでいて欲しかったかな?

MSイグルー 黙示録0079-12006年05月29日 21:03

新作がSEEDに偏っている中、うれしい宇宙世紀ものの新作映像作品です。前作3部は松戸で劇場公開されたのに対し、黙示録としてリニューアルしてのDVD展開。内容はそのままなので実質的な4話です。

毎回、ジオンの試作兵器と新キャラが登場。今回はゼーゴックという奇襲兵器。戦局が変わったのでもう使われる機会がなくなった水陸両用MSズゴックを管制システムとして、そこに武装コンテナをくっつけたもの。ジャブローから打ち上げられる連邦の艦隊を襲撃。迫力の打ち上げ場面は、これまで映像化される機会も少なかったので、ぐっとくるものがあります。ゼーゴックに乗るヴェルナー・ホルバイン少尉は海兵隊出身で爺さんが漁師という設定。海のないジオンで漁師というものも謎だが、たぶん地球出身だったんでしょうな。

30分の間に2度も奇襲に失敗し、そのたびに宇宙に戻って直ぐ出撃というかなり忙しい展開。効率の悪い方法だなぁ。3度目の出撃では試作の拡散ビーム砲を装備して、連邦艦隊の撃破に成功。ビームを使い過ぎると爆発するといってたので、これであぼ〜んといくと思ってたんだけど。ミッション終了後に味方に回収されるところをコアブースターに襲撃され、撃墜という最期。うーん、もうチョイがんばって欲しかったなぁ。

次回の舞台はア・バオア・クーo(^-^)o

静岡ホビーショー ガンプラ篇2006年05月25日 01:15

アコギな商売しているだけあって、今、最も勢いのあるメーカー、バンダイのブースへ。

賛否両論あるHGUCヅダに始まりサムソントレーラーやらラビアンローズやらかなり暴走気味。このままヒルドルブとかイフリート改とか商品化しちゃったらうれしいが。新シリーズの1/35はジオンのおっさん達にワッパとかザクの頭がセットになったもの。ちょっとおもしろそう。シリーズ集めると1/35のザクができあがっちゃったりして。昔のアオシマのプラモみたいに。

SEEDの新作にも人だかりが。SEEDには興味ないのだが、これで設けて体力つけて宇宙世紀ものを充実させて欲しい。

劇場版ZガンダムIII 星の鼓動は愛(ネタバレあり)2006年03月22日 00:00

先日、やっと見に行くことが出来ました。ディープな作品感は別として感想をば。

カミーユが崩壊しないという事前情報以外はシャットアウトして映画館に臨みました。「誰も知らない結末」とはなんぞや。

全体的な感想として。娯楽映画としてはそこそこ楽しめます。ドンパチが多く、見所満載。政治的な描写も補完されていてあれだけ複雑な三つ巴(四つ?)のゴタゴタがうまく消化されてた。ダカール演説がないのはどうかと思うが、ロザミィの話は正直ウザイので端折って正解。前2作ほど旧画は気にならなかったし。

基本的なストーリーはTV版と同じ。なのでカミーユのあの終わり方は必要だったのか疑問。映画だけだとカミーユとファってエピソード少ないし。F91を思い出した。ジェリドは再三出てきたけど、TV版以上に脇役でしかなかった。最期の台詞もカットだし。驚きはセイラの台詞だった。ライブラリー出演らしい。最後のキッカの一言が悲しい。

エマとヘンケンのやりとりが多く追加されてた。そのためラーディッシュの描写も追加。グラサン&リーゼントがよく喋るが、どうもシローの声にしか聞こえなくて困った。クワトロにイチゴケーキはどうかと思う。

隠しMSはGMキャノンIIらしきものと未塗装のガザ?を確認。後で調べるとあれはガザE(!!)で、他にもドラッツェとかGM カスタムとかいたらしい。後でDVDでチェックしなきゃ。

これで逆シャアに繋がるという話だけど、ハマーン野放しだし、ZZを否定するなら、それを補完するエピソードが必要。個人的にはTV版の方が好きかな。